いちごの洗い方

甘酸っぱさが特徴のいちごは、多くの方に愛されるフルーツです。いちごをおいしく食べるのであれば、旨味を無くさないように洗うことがポイントです。
洗い方のポイントについてご紹介いたしますので、一度お試し下さい。

ヘタをつけたまま洗う

いちごは水分を吸収しやすいフルーツなので、食べる直前に洗うことがポイントです。
また、洗う前にヘタを取るとビタミンCが流れたり、水っぽくなったりします。ヘタをつけたまま洗い、水気を切ってから取り出すようにしましょう。洗い終わった後は、柔らかい布などで苺の表面についた水をふき取ると、さらにおいしく食べることができます。

塩水で洗う

水と少々の塩が入ったボウルの中にいちごを入れて優しくかき回します。塩水でかき回すことにより、
いちごの表面についた細かなゴミを落とすことができるのです。スイカに塩をかけて食べると甘さが引き立ちますが、いちごもスイカと同様に塩をかけると、その甘さを引き立たせることができます。塩水で洗うことで甘みを強く感じ、いちごの甘さを十分に楽しむことができるでしょう。

お酢で洗う

いちごはとてもデリケートで、傷みやすいフルーツです。そのため、すぐに食べた方が新鮮な味わいを楽しめますが、状況によってはすぐ食べられないこともあります。そのような場合におすすめなのが、
お酢で洗うことです。大きいボウルにたっぷりの水と、水の量に対して20~30%のお酢を入れ、一晩浸しておきます。お酢で洗うことでカビにくくなり、早く傷むのを防げるといったメリットがあります。

大阪にあるいちご農園GrandBerryでは、

いちご狩りをお楽しみいただけます。酸味が少なく、いちご本来の甘みを堪能できる品種、章姫を栽培しております。上品な風味は子供から大人まで、幅広い世代から人気を集めています。直売店にて、お土産用のいちごも販売しております。関西エリアで、新鮮な甘いイチゴを味わえるいちご農園をお探しの際は、GrandBerryをぜひご利用下さい。

イチゴ狩りのご予約はこちらからどうそ

イチゴ狩り予約 now!

イチゴ狩りのご予約はこちらからどうそ

イチゴ狩り予約 now!


Notice: Undefined index: Map_Application in /var/www/html/gb/External_Footer.php on line 29